道楽者の部屋

hassi.exblog.jp

シューズ選びの日々。その2-Fizi:k編

シューズ選びの日々。その2-Fizi:k編


SIDIの失敗から次に選んだのは、Fizi:kのR4B UOMO。
c0033513_19193503.jpg
この際、スピードプレイ専用モデルは諦めて、フイット感を最優先で選びました。
某ショップサイトの「日本人の幅広甲高にも合う」との記事を信じて(鵜呑みとも言う)2足目の選択です。

サイズはSIDIと同じ40ですが、実際に届いたブツを見ると、長くね〜!
メーカー表記から見ても、SIDI=40(25cm)に対しFizi:k=40(25.7cm)と長めなんですね・・・
c0033513_19104267.jpg
ソールは、SIDIのカーボンバリバリから、少しやさし目の感触。

で、実際の走行感は・・・
SIDIより少し幅広だけれども、決して甲高幅広とは言えませんでした。
SIDIと同じく、右小指周辺が赤くなってしまいます。

結果、100kmも使わないうちにボツ!

う〜ん!実に惜しい。
そして、デザインもシンプルながら好みの部類。
甲部分のホールドは秀逸で、それが功してか踵の収まりも上々です。
もう少し幅が広くて(右足限定)、つま先のスカスカ・余ってるよ感が無ければ・・・
ネットで得た情報と違って、やはり欧州人向けの細い足長向けに感じます。
c0033513_19103855.jpg
という事で、またもやシューズ選びの道は続くのでした。

*参考まで:スピードプレイを取り付けた際、僕の母子球に合わせるとプレートは、つま先最前部。
 他のメーカーより、取り付けボルト穴の位置は、後ろ側に有るようです。


[PR]
by t-hassi | 2018-08-17 19:38 | 自転車 | Comments(0)