道楽者の部屋

hassi.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やっと、夏らしく・・・

待ちに待った、夏が来ました。
何せ、週末毎に荒天。雨・雨・雨・・・
自転車どころでは、アリマセン・・・・

そして、やっと本日。
夏らしい丘が戻って参りました。
c0033513_21280396.jpg
故に本日、大阪からお越しのH氏とプライベートライド。
いつもはロードバイクのところを、敢えてMTBでゆったりライド。
この時期の景色を堪能するなら、MTBはピッタリですよ!

貴重な、夏の太陽を満喫した午後でした。



by t-hassi | 2017-06-28 21:46 | 美瑛 | Comments(0)

新しいルート。

またもや、週末は怪しいお天気予報に・・・
なので、モッタイナイ天気の今日は、新しい美瑛のルートを散策です。

c0033513_22075855.jpg
とすると、けたたましいモズさんの警戒鳴き。
c0033513_22080007.jpg
暫くすると、その相手が降参して逃走です。
c0033513_22075960.jpg
c0033513_22075973.jpg


by t-hassi | 2017-06-23 22:08 | 美瑛 | Comments(0)

夏至です。

皆さん、夏至ですよ〜!
太陽さんが、日照時間をサービスしてくれるのも、ひと月程。

思い残し・やり残し・は、厳禁ですよ!!!
c0033513_21244291.jpg
蒸し暑い天気で、何となく靄っているような空。

c0033513_21244227.jpg
丘の作物も、グングンと成育中!
写真を撮ったり、景色を愛でる場所は、アスファルトからね。



by t-hassi | 2017-06-20 21:28 | 日常の出来事 | Comments(0)

やっと来ました。

待ちに待った。美瑛の丘に初夏が来ました!

本日は、愛知からお越しのHさまご夫妻。
c0033513_23231849.jpg
初夏の丘には、小麦の海原が広がっています。
南フランスにも似た景色をサイクリング。人影の無い丘では、初夏の風だけがお出迎え。
c0033513_23231704.jpg
そして、少しだけキツい丘の坂も、ご自分の脚でクリアし終えるとこの笑顔です。
c0033513_23231764.jpg
いよいよ、美瑛の丘にサイクリングのベストシーズンがやって来ました。






by t-hassi | 2017-06-18 23:27 | 美瑛自転車ツアー | Comments(0)

遅れがちの丘

今期の冬から、感じてい事。
やはり、現実の様になりそうな予感です。
つまり、僕の青春時代。何十年も前(40年ほど前)にも戻った様に思われる気候です。

何故そう思ったのか?
それは、若かりし頃の或る年。お目に掛かった珍しい野鳥たち。
それ以来、お目に掛かれなかった野鳥の種類を、今期の冬に見かけたからなんですよ。

40年も前となると、夏の最高気温は25℃程。
28℃近くなろうものなら、夕方のローカルニュースになったくらいです。

今なら、30℃越えも当たり前なんですけれどもね。

と言うことで、丘の作物の生育も遅れ気味だそうです。
c0033513_22210948.jpg
それでも、南フランスにも似た景色が、今年も帰ってきましたヨ!
c0033513_22220098.jpg
小麦の穂の海が広がってきています。
c0033513_22224657.jpg
雲は晩夏のように、碧い空へのアクセント。
c0033513_22240480.jpg
小麦畑の住人。ノビタキさん達も、大急ぎで子孫存続に勤しむ季節。
のんびりしてたら、アッと言う間に秋ですから。
c0033513_22253915.jpg
でも、渡り鳥ではない僕は、ノンビリとお気に入りのカフェでまったり。
*美瑛:リーズカフェさん







by t-hassi | 2017-06-16 22:28 | 美瑛自転車ツアー | Comments(0)

気温が上がりません

本日は20度に届いた?のか最高気温、そして曇天。
エゾハルゼミさん達は、さぞや短い命を燃やしあぐねて居るのでしょうね。
c0033513_00101601.jpg
なので、画像も曇天。
小麦の生育も、足踏み状態との事らしいです。

でも、これも丘の景色。
スカッとした、青空が生まれる日を待ちわびて、この週末は本業のPCワークに勤しみます。

本業って何?と思っている方。
たまには自己紹介なんぞ。本業はCADシステムの販売サポートに始まり。
その周辺機器の販売サポート、WEB製作、えせカメラマン、建築CGの製作など、何でも屋さん。
メインPCは、iMacで、カメラはOLYMPUS。あれっ?話が逸れてきていますね。

と言うより、スカッと晴れると外遊びの誘惑が・・・
納品の期限に間に合わなくなるから、トッテモキ・ケ・ン!!!





by t-hassi | 2017-06-09 00:23 | 美瑛 | Comments(0)

BORA ONE 50 クリンチャーホイール 2018年モデル

BORA ONE 50 クリンチャーホイール 2018年モデル。
何故か?いち早くMY BIKE。RIDLEY FENIXに馴染んでいます。
*乗りっぱなしで、少々汚れておりますが、ご勘弁下さいね!
c0033513_22363493.jpg
本来は、2017年度モデルを購入したのですが、ワケ有りで2018年度モデルが届いたのです。
なので、出来たてホヤホヤの2018年度モデルを、貧脚がインプレします。
*毎度の事ながら、僕の巡航速度は30km/h前半の平凡ローディーですからね。

そもそも、フルカーボンクリンチャー自体初めて。
それ以前は、MAVIC COSMIC CABON 2014年度モデルでした。

同じ50mmハイトながら、流石にフルカーボン。
MAVIC コスカボ(実測重量:1779g)に対し、BORA ONE(実測重量:1465g)は、314gも軽量。
プラス要素で、面倒なリムテープも不要ですね。

さて、装着してひと月ほどのインプレッション。
タイヤは、コスカボに履いていたVITTORIA COSA 23Cを移植だから、同じコンディション。

◎漕ぎ出しは、コスカボより明らかに軽いです。
◎登りも、僅かながら軽く楽?今まで、ホイール重量の違いから来る体感は無い(スキルが無いとも言う)と思っていたので。
(そんな事に投資するなら、己の脂肪を減らした方がコスパ良しと考えていました)
◎巡航の際、違いは無い様に思う(笑!貧脚だよ。
◎緩やかな下りから、その反動で上る短距離の坂は、コスカボの方が慣性が働いて減速しない様に感じる。
◎同じタイヤ+空気圧で、BORA ONEのフルカーボンは、衝撃が柔らかで疲れない様に感じる。
◎AC3なる新技術のブレーキ面は、純正シュー使用で何らアルミと効きは変わらない。
(雨天時は走行しないので、解らずです)
◎驚くほどラチェット音は静かだが、未だにブレーキを効かせると、ピュ〜!と盛大な音は最初から変わらず。
(盛大なブレーキ音は、ベル換わりの警告音で便利?!)

以上が、今までのライドで感じた部分です。

コスカボは、BORA ONE 購入の足しにと、他の方へお嫁入りしましたヨ。
そして、BORA ONE に替えて良かったのか!?

一番のメリットは、実際に所有して体感している事なのです。
僕は昔から、他の方が失敗したと悔やむことも、実体験としてプラスになったと考えるので・・・

結果、コスカボに負けないくらいイケてるので、それが一番なのですヨ。




 




by t-hassi | 2017-06-02 23:20 | 自転車 | Comments(0)