道楽者の部屋

hassi.exblog.jp

カテゴリ:RIDLEY FENIX( 35 )

BBをpraxis worksへ

ひっさしぶりの自転車ネタ。
とうとう来ました。RIDLEY FENIXのウィークポイント!
PF30のBBから来るギシギシ音。それもダンシング限定のきしみ音!
c0033513_20485545.jpg
従来のBBはスギノ製で、文字通りの両カップを1cm程、フレームに圧入したもの。
なので、時折微妙に抜けてきたりして?フレーム側がヌルいのか?


そこで、このきしみ音解消に効果的というpraxisworksのBB。
c0033513_20483862.jpg
①の樹脂パーツを先に圧入。これの電動用の穴が要注意!!!
フレームBB内の、同じく電動用穴に引っかかる可能性大なので、慎重に交わして圧入です。

②反クランク側のパーツを先に入れた樹脂パーツ内に圧入。
この時に、ゴム製のOリングをつぶさない程度まで圧入がミソのようです。

③のドライブ側をネジ込んで行くと、②のパーツがBB内で膨らんで、より圧着と連結接続で安心設計!
c0033513_2124612.jpg
で、実走です。
走行中の汚れ画像でスミマセン!
今のところ、ギシギシ・ダンシング音は解消しました。
見た目は無骨!スギノ製のアルマイトブルーの方が素敵だった・・・・けど。

*因みに、在庫上の関係で、今回もセラミックベアリングでお高め(泣き)です。
by t-hassi | 2016-08-27 21:10 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

FENIX・ワイヤー交換

春まで、もう少しの辛抱であるREDLEY FENIX。
前回交換より、ワンシーズンしか使っていませんが、各ワイヤーの交換をしました。

ケーブルセットは、デュラエースのものを選びましたよ。
c0033513_1429443.jpg
コンポはアルテグラなのですが、メーカーさんによると、アウターは同じですが、アルテグラのものよりも細いワイヤーを使用して編んでいるので、よりスムースなんだそうです。

で、アップ画像で比較しましたが?
う〜ん?左アルテグラ、右デュラエースなのですが、同じものにしか見えませんね。
もしくは、左のアルテグラのヨリの方が細く見えるような気もしますね???
c0033513_1433564.jpg
価格は、デュラエースの方が高いのですから、きっと違うんでしょうね。

さて、実際に交換してみました。
FENIXの場合。フレームインナーケーブルタイプで、かつタイトな所に取り込み穴が空いています。

前回は、各ケーブルをハンドル下に這わせてのキッチキチのタイト設定でした。
そこで、今回はハンドル前方からとして、余裕をもたせて設定してみましたよ。
c0033513_14453078.jpg
自分の場合。ケーブルはテープで全面巻きつけとしています。
c0033513_14482921.jpg
各ケーブルの取り回しは、こんな感じ。
何回も、ケーブルルートを変えたり、失敗を重ねてこの方式に落ち着いています。

REDLEY FENIXって、この部分の画像が殆ど無いので、独自の考察・経験を重ねての結果です。

バーテープはボントレガーのMicrofiber・薄手タイプを選択です。
初めて使うバーテープですが、ほぼ伸縮性が無いこのテープをギンギンに引っ張って巻きました。
c0033513_14505142.jpg
オフロードバイクを乗っていた時からの好みで、ハンドルグリッップはクッション性のないタイトタイプがお気に入りです。

さて、各コンポの動きを調整・設定して完成です!

後は、雪が溶けるのを待つばかり。

旭川近郊は、例年の半分ほどの積雪なので、早い雪解けを期待しているこの頃ですヨ。
by t-hassi | 2015-03-15 15:05 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

MAVIC コスミックカーボンSLS  インプレ?

昨年のシーズン初期に投入したMAVIC コスミックカーボン SLS。

その内にインプレしますね。とか、言っておきながら・・・・
すっかり、忘れていました。

今は、今期に履くタイヤを何にすべきか?悩みながらの裸状態です。
c0033513_23103114.jpg
そして、一年前のその時にも書きましたが、平地巡航30km/h+ほどの貧脚です。
当然、レースなど遠い存在ですし、サイクリングレベルの走りしか出来ません。

それじゃ、デープリムの意味ないじゃんとは言わないでね!!!

さて、昨年一年間。ラストにキシリウムエリートを履いた以外。
全てMAVIC コスミックカーボンSLSで走りました。

結果。例え30km/h程でも、巡行はコスカボが楽ですね。
特に集団の中に入ると、キシリウム以上に足を止められる様に感じます。

富良野アースライド程の登りでは、重さのデメリットも特には感じません。
むしろ下りでは、安心・安定感抜群です。

そして、最大のメリットはカッコイイ!
これに尽きます。

所詮はホビーなので、これが一番重要なんです。

そう、楽しいが一番!
by t-hassi | 2015-02-16 23:35 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

MAVIC コスミックカーボン ホイールバランス

昨日の母の日は、久しぶりの完全OFF。
おまけに、太陽サンサンお早うさん!の夏日+ドピーカンのお天気。
走られずには、いられませんヨ~!
c0033513_20544253.jpg
てな事で早速、美瑛方面へ出動しました。

でも、夏へと一気に走り去る春を満喫する為に、のんびりライドです。
(一生懸命に走っても、のんびりに見えるでしょうが・・・笑!!!)
c0033513_20584929.jpg
ライド中には、ホイールバランスを調整した後のテストも合わせてです。

調整結果、フロント3g・リア4gの鉛ウエイトを貼りました。
特にリアに関して、調整前と後ではフレームに伝わるブルブルが、ほぼゼロ状態に・・・

ライド中の反応は?
その結果なのか否かは不明ですが、下りの6×km/hオーバーでも問題なし。
と、言うよりも下りだとドンドン加速して行きますから、ブレーキで調整しての結果ですね。

この下りでの加速感は、キシリウムエリートと異なるもの。
恐らく平地でも、4×km/hオーバーで単独巡航できるローディーなら価値がある筈!

但し、横風には滅法弱いですね。不意にあおられるフロントを維持するのは、疲れますね~。
ワタクシの貧脚では、これで結構ガソリンを食われた感じで、70Km程のライドでも
ヘトヘト状態に陥りました。

結論、強風時にはフロントだけでもキシリウムを!
平地中心、風弱しなら気分+格好良いからコスカボで。
素人レベルでも、ホイールバランスを取りましょう。
by t-hassi | 2014-05-12 21:20 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

MAVIC コスミックカーボン SLS

ディープホイールへの空気入れ・・・どうしてますか?
今期のニューアイテム・MAVIC コスミックカーボン SLS。
ロングバルブチューブへの入替えはせずに、同梱のエクステバルブで対応してました。
c0033513_19245342.jpg
ところが、純正品のエクステンションバルブ。頭のくびれがイケマセン!

このクビレの為に、ポンプのバルブが噛み合わないのです。
よって、すぐにハズれてしまい使い物になりません。

そこで、クランカーさんで見つけてもらったPanaracerのエクステバルブ。
試したところ、しっかりとポンプもロックされ、スイスイと希望の空気圧まで入りますね!
c0033513_19293885.jpg
空気を入れる時のみ装着して、ライド中は携帯するスタイルですが、小物なので邪魔になりません。

ところで、何故ロングバルブのチューブに入れ替えしないのかって?
それは、ホイールバランスが取りづらいと思えるからです。

今回のPanaracerエクステで約4g。影響は少なくないと考えています。
実際、導入直後のリヤホイールは、空転させると上下の振動が気結構ありましたよ。
そこで、右側に写るマグネットセンサーをこの位置にして、かなり解消させたりもしたんです。

プロじゃないんだから、そこまでシビアにならなくてもと思う方もいるでしょう。
でも、ワタクシは素人だからこそ必要と考えています。
だって、そのマイナス面を補うスキルがプロのようにないのだから・・・
by t-hassi | 2014-05-01 19:46 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

150mmステム

バイクのステムを130mmから150mmに交換。
メーカーは130mm(ARX II PRO)と同じく、3T。
但し150mmの設定は、ARX II TEAMしかないので、若干の価格アップですね。
c0033513_23162659.jpg
早速、ここ数日間のインプレッションです。

但し、仕事の合間を縫ってのライドなので、何れも2時間程の走行です。

取り付けに関して、ケーブルの長さが心配でしたが何ら問題なく換装です。

乗り始めてすぐに20mmの延長に対する違和感は消えましたよ。
そして、ちょっとつまった感があった下ハンは、とっても楽になりました。
合わせて、下ハンでのダンシングが非常にし易くもなりましたね(ヘタながらも)。

今のところ、結果オーライですが、シーズンを通して変化が見られたら
再び、ご報告しますので。
by t-hassi | 2014-04-29 23:25 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

アルテグラ 6800シリーズ

FENIXを11速化にした最大の理由は、かる~いフロンドディレイラーのため。
リヤカセットの11速は、オマケのようなものでした。
c0033513_16242173.jpg
実走行前から、カシャカシャ変速した際の感触は?・・・・特にアウターへの変速が軽くてスムース。
実走後のインプレッションは?・・・・想像以上のスムース動作で、意識してアップしていた過去が嘘のよう!!!

変速すると、コツンコツンと決まりますね~。
正直な話。このフロントディレイラーだけでも換装した値有りの◎です。

但し、この素敵なパーツの恩恵をこうむるなら全コンポ取替えなんですけどね。
しかし、従来のアルテグラに、これダケを換装している方もいらっしゃるようですが・・・・

メーカーさん的には、NoGood!で保障しませんヨとなるのでしょう。
by t-hassi | 2014-04-16 16:38 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

MAVIC コスミックカーボン SLS

遅かった春でしたが、やっとロードバイク始動です。
そこで、今期のニューアイテム等のインプレを、何回かに分けて書いていこうと思います。
c0033513_2115511.jpg
で、今日はMAVICのコスミックカーボン SLSです。

自身ディープリムは、お初です。
何故?デープかって?カッコ良いからですヨ(笑!
ハッキリ言って、よく走る場所は丘の多い場所ばかりなので、ディープは不要かも。
むしろキリシウムを揃えるのが、筋でしょうけど。
ワタクシに場合は、楽しみで乗っていますから、これが正解なんですよ。

さて、本題のインプレッションです。
せいぜい30km程で巡航するレベルの話として、お読みくださいね。

すでに持っているキシリウムエリートと比較すると・・・
ざっとですけど、200g程重い重量となりますね。
*メーカー発表では、2014モデルは45gの軽量化に・・・とありますが、もともと実測は公表値と違うから無視。
とすると、やはり漕ぎ出しは重いものを廻し始めている感が有りますね。
でも、その分。廻り始めのダンシングが少しばかり楽しい気がします。←コレ重要。

例えると、クワン・クワンっと回転している感じですかね。

で、5%程度の坂は?元々貧脚なので参考にならずです。
今期初ライドもあり、心臓バクバクでインプレッションまで至らず←ゴメンナサイ。

ま~、今期はすべてコスカボで通すつもりなので、その都度、感じたことは記して行きます。
by t-hassi | 2014-04-14 21:40 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

サドル交換。

RIDLEY 11速に伴って、サドルも変更です。
c0033513_19225539.jpg
今までのfizi:k ARIONE K:ium レール(実測:218g)から、
c0033513_1924517.jpg
ARIONE R3 Braided(実測:168g)にバージョンアップしました。

そして、ARIONE K:ium レールは、TREK MADON5.2 に移植されてツアーレンタル車に活かされます。

MADON5.2には、その他アルテグラ10速コンポ・3Tステム・シマノPRO PLTハンドルで仕上げますヨ。

ホイールはMAVIC ksyrium ELITE 2012 に、タイヤはミシュランPRO4。

自分のサブ機としても活躍するであろうスペックですから、ツアー車としてお楽しみに!
by t-hassi | 2014-03-16 19:38 | RIDLEY FENIX | Comments(0)

RIDLEY 11速化計画 ・・・9

バーテープも巻き終わり、ほぼ完成です。
c0033513_14581018.jpg
でも、ココは北海道。
雪解けの季節を迎えて、ロードバイクが走れる環境には、ふた月ほど待たねば・・・

それまでは、3本ローラーでキコキコしますか。

11速アルテグラのインプレッション等々については、春になったらね。
by t-hassi | 2014-02-26 15:04 | RIDLEY FENIX | Comments(2)