道楽者の部屋

hassi.exblog.jp

BBをpraxis worksへ

ひっさしぶりの自転車ネタ。
とうとう来ました。RIDLEY FENIXのウィークポイント!
PF30のBBから来るギシギシ音。それもダンシング限定のきしみ音!
c0033513_20485545.jpg
従来のBBはスギノ製で、文字通りの両カップを1cm程、フレームに圧入したもの。
なので、時折微妙に抜けてきたりして?フレーム側がヌルいのか?


そこで、このきしみ音解消に効果的というpraxisworksのBB。
c0033513_20483862.jpg
①の樹脂パーツを先に圧入。これの電動用の穴が要注意!!!
フレームBB内の、同じく電動用穴に引っかかる可能性大なので、慎重に交わして圧入です。

②反クランク側のパーツを先に入れた樹脂パーツ内に圧入。
この時に、ゴム製のOリングをつぶさない程度まで圧入がミソのようです。

③のドライブ側をネジ込んで行くと、②のパーツがBB内で膨らんで、より圧着と連結接続で安心設計!
c0033513_2124612.jpg
で、実走です。
走行中の汚れ画像でスミマセン!
今のところ、ギシギシ・ダンシング音は解消しました。
見た目は無骨!スギノ製のアルマイトブルーの方が素敵だった・・・・けど。

*因みに、在庫上の関係で、今回もセラミックベアリングでお高め(泣き)です。
by t-hassi | 2016-08-27 21:10 | RIDLEY FENIX | Comments(0)