道楽者の部屋

hassi.exblog.jp

FENIX・ワイヤー交換

春まで、もう少しの辛抱であるREDLEY FENIX。
前回交換より、ワンシーズンしか使っていませんが、各ワイヤーの交換をしました。

ケーブルセットは、デュラエースのものを選びましたよ。
c0033513_1429443.jpg
コンポはアルテグラなのですが、メーカーさんによると、アウターは同じですが、アルテグラのものよりも細いワイヤーを使用して編んでいるので、よりスムースなんだそうです。

で、アップ画像で比較しましたが?
う〜ん?左アルテグラ、右デュラエースなのですが、同じものにしか見えませんね。
もしくは、左のアルテグラのヨリの方が細く見えるような気もしますね???
c0033513_1433564.jpg
価格は、デュラエースの方が高いのですから、きっと違うんでしょうね。

さて、実際に交換してみました。
FENIXの場合。フレームインナーケーブルタイプで、かつタイトな所に取り込み穴が空いています。

前回は、各ケーブルをハンドル下に這わせてのキッチキチのタイト設定でした。
そこで、今回はハンドル前方からとして、余裕をもたせて設定してみましたよ。
c0033513_14453078.jpg
自分の場合。ケーブルはテープで全面巻きつけとしています。
c0033513_14482921.jpg
各ケーブルの取り回しは、こんな感じ。
何回も、ケーブルルートを変えたり、失敗を重ねてこの方式に落ち着いています。

REDLEY FENIXって、この部分の画像が殆ど無いので、独自の考察・経験を重ねての結果です。

バーテープはボントレガーのMicrofiber・薄手タイプを選択です。
初めて使うバーテープですが、ほぼ伸縮性が無いこのテープをギンギンに引っ張って巻きました。
c0033513_14505142.jpg
オフロードバイクを乗っていた時からの好みで、ハンドルグリッップはクッション性のないタイトタイプがお気に入りです。

さて、各コンポの動きを調整・設定して完成です!

後は、雪が溶けるのを待つばかり。

旭川近郊は、例年の半分ほどの積雪なので、早い雪解けを期待しているこの頃ですヨ。
by t-hassi | 2015-03-15 15:05 | RIDLEY FENIX | Comments(0)